みんなのクチコミが 295,024 件!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

2014/01/14

ミャンマー ワッチェ慈善病院 ジャパンハートの活動

  • ミャンマー ワッチェ慈善病院 ジャパンハートの活動の画像
  • ミャンマー ワッチェ慈善病院 ジャパンハートの活動の画像
  • ミャンマー ワッチェ慈善病院 ジャパンハートの活動の画像

昨年末、クリスマスイブの12月24日から2014年1月8日まで、約半月ミャンマー で医療活動を行うジャパンハート に同行させていただいた。
これからスーダンやカンボジアに加えて、このブログでもジャパンハートの活動を少しずつお伝えしていきたいと思う。
今回はヤンゴンで、子どもたちを人身売買から守り、 子どもの未来を育む養育施設ドリームトレイン 。
ミャンマー中部マンダレー近郊のザガインにあるジャパンハートの活動の本拠地でもあるワッチェ病院 、そして北部で外国人の立ち入りが規制されているミッチーナ総合病院でのミッションに同行撮影した。
上の写真は、ワッチェ病院で12月27日に撮影したものである。

吉岡医師は語る 「当初は、ちまちま人を助けてもきりがないと比喩された。しかしやめるわけにはいかなかった」と。

とにかくどんな現場、状況であろうが人を助けるんだという医者としての原点を強く感じた。
この日も吉岡医師を中心にミャンマー人ドクター、日本からのドクター、そして両国の看護師たちによって手術が深夜まで行なわれていた。この日の手術件数は23件にも達していた。
主な疾患は甲状腺肥大やあらゆる腫瘍疾患、口唇口蓋裂などだが、さまざまな疾患の患者が訪れる。

吉岡医師が話してくださる 
「すべての命は救えないかもしれない、たとえ病気を治せなくても 病人と心は救える そういう医療があると信じている。心が救われる医療・・・生まれてきて良かった、大切にされてるということ、どんな命も求められて生まれてきた だから少しでも明るい方へと」 

その強い信念のもとに患者と向きあっていることがひしひしと伝わってくる。

手術10日後の1月6日 笑顔が戻った子供さんの姿に、心の底から感涙の気持ちが湧きおこる。
「・・・少しでも明るい方へと」 自分の心のなかに大切な言霊が響き渡っていった。

あかりを灯し続けることを・・・誇り高き日本人、ミャンマー人 ・・・愛すべき人がここにもいる。

コメント(0)

まだコメントされていません。

  • コメントを書く

携帯でこのページにアクセス

ミャンマー ワッチェ慈善病院 ジャパンハートの活動

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック(0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/diary-12952875

空間内の日記を検索

内藤順司

内藤順司画像 内藤順司プロフィール 1959年生まれ。広島県広島市出身。 1980年より。主に音楽フォトグラファ... もっと見る

ページの先頭へ ページの先頭へ